これも一種のテーマレストランといってよいだろう。アメリカではひと頃、映画をテーマにした「プラネットハリウッド」や、ジャングルをテーマにした「レインフォレスト・カフェ」、オートバイの「ハーレー・ダビッドソン・カフェ」、音楽の「ハードロック・カフェ」といったテーマレストランが脚光を浴びたが、他のレストランを建設する以上にコストがかかる割には、リピーターを集めるのが難しく、概して伸び悩んでいる。食事をしながら楽しい時間を過ごしてもらうという基本的な考えはまちがっていないが、どんなソフトを提供すればよいかが知恵の絞りどころだ。 その点、トレイル・ダスト・ステーキハウスは、映画を上映するスクリーンもなければ、コンピュータ仕掛けのジャングルの猛獣を用意しているわけでもない。

お客のネクタイを切ってしまうという、非常識な行動を集客ソフトにしていることで、コストもかけず逆に話題作りにも成功している。これならば、後日別の仲間ともう一度やってくるリピーターも期待できるだろう。団体客の誘致にはうってつけのソフトかもしれない。もし日本で同じコンセプトの店をつくるなら、赤鬼やなまはげにネクタイを切らせても面白いだろう。また「いけにえ」をなぐさめるため仲間に金を出し合わせて高級ブランドネクタイをプレゼントできるように売店でネクタイを売れば、一日に確実に数百本の高額ネクタイの販売が期待できるにちがいない。

ついに見つけた!すごい使える振袖のカタログみやびってすごいですよ!載っている全てが素敵で全部着てみたくなっちゃいます!

自然に来たくなりますよ。リッチロード不動産投資には。だってそうでしょ?売りマンションを東京で探すにはここが一番良いんですから。そんなこともう知ってるじゃないですか。

それならフォーシーズンで物件を探すのがおすすめですよ。表参道の不動産ってなかなか探すの大変ですから、どこかに頼らないと見付けるのに苦労してしまいますよ。

人気の絶えない明大前で賃貸を探すのは想像以上にハードだった。やっぱり納得の行くところじゃないと嫌だからね。なんとかベスト住販で住みたくなる物件を見付けることが出来たよ。

今まで海の近くに住んだことがなかったので、これを機に探してみようかなと思っています。都心からそんなに離れることは出来ないので、出来れば辻堂辺りの不動産が良いかなと思っています。まぁリアルネットに頼めばきっと良い物件を見付けることが出来ると思っています。それだけ良いところですし。